みんながハッピーになる子育てって? ワークショップ第1回レポート

「comoseedsプレゼンツ~ 第1回みんながハッピーになる子育てって?」レポート
去る2010年9月5日14:00~17:00、明治学院大学にて、「地域での子育て」「理想の子育て環境とは?」を考えるワークショップを開催致しました。
実際に子育てしながら働いているママや、ワークショップデザイナー、元看護婦、高校の先生、児童館勤務や建築に携わっているかたなど多様な職種で働く社会人のほか、就活中の大学生や大学院生といった学生も参加してくださいました。
 
当日のレポートは以下のような感じです。
①comoseedsの紹介&グループ(参加者)で自己紹介
②アイスブレイク
(近くにいる人と体を使って即興で表現する「インプロビゼーション」)
お題は、「すべり台」「オムツ」「フルーツパフェ」「ジャングルジム」。
「おむつ」は、現在子育て中のママのように毎日触っている人と、学生のようにまだ触ったことのないような人とでは、かなりイメージが違っていたのが印象的でした。

CIMG0979DSCN2356

 
③ブレーンストーミング。お題は、「もし明日から急に子どもがいたら?」。
かなりドキリとするお題です。いきなり親になるのです。
「名前を考える」パートナーとどうするか相談する」
「ミルクやおむつを買いに行く」
など慌てず、比較的どっしりと構えた人もいれば、
「親に電話する」
「保育園を探す」
というふうに協力してくれる人や施設を探す人もいました。
そして、「警察を呼ぶ」「会社に電話して仕事を休む」と現実的に考える人もいて、同じシチュエーションでこれだけ行動にいろんな広がりがあるのか!と興味深い体験になりました。
DSCN2375

 
④ワールドカフェ ラウンド1~3
「みんながHappyになる子育てって?」。

 
 
この問いをラウンド1からラウンド3まで、約10分づつ行いました。
⑤休憩

DSCN2391
⑥このイベントの趣旨説明と、保育園の現役理事長にインタビュー
明学の教授であり、育メン(育児をする男性)でもあり、保育園の理事でもある鍛冶教授にインタビューしながら、参加者の人が考える「地域での子育て」や「どうやったら地域の人が保育に参加出来るか」などについて
率直に話し合いました。

DSCN2388


 
出てきたのはこんな意見です。
「保護者主体の保護者交流会に、保育園を貸すのはどうだろうか」
「保育園に関わっていない人でも参加可能な行事をして、地域の人を呼ぶ」
「プレママや、その保育園に興味を持っている人たちとの対話の場を作る」
「夜や土日に施設を開放して、地域の人が子育てについて考えるイベントを作る」
など。
DSCN2459いろいろと具体的な意見が出ました。
現役で保育園の理事長に意見やアイデアを話す機会はなかなかないので、参加者のみなさんはかなり白熱していました。

DSCN2435


 
⑦参加者からこのワークショップの感想
ご指摘頂いたのは、
「アイスブレイクの意図を教えて欲しい」
「今回やったアイスブレイクは、高度なのでもっと軽いのからやった方がいい」
「オムツって言うのは、考えたことがなかった事に気づけた」
「心も体もほぐれた」
「ブレストのテーマにとまどった。人形が欲しい」
「ワールドカフェで最後に、最初に居たテーブルに戻りたかった」
「ワークショップ自体の振り返りを全体でやるのは、オープンでとても良い」



DSCN2467



 
など、お褒めのコメントもありましたが、なかには厳しい感想もあり、
しかし真剣に今回のワークショップに参加してくださったからこその厳しさだと思いますので、comoseeds一同、大変参考になりました。

 
戴いた感想で嬉しかったのは、
「今回のイベントには、まだ子育てをしていない人や男性も多くとても驚きました」
「この様な活動がもっともっと広がったらいい」
というご意見です。

CIMG0980
「あ~、やって良かった~!!!」
とメンバー全員、感激しました。

DSCN2362
ワークショップには以上で終了しました。
今回の参加者は、全員で約30名。
今までは小さくやっていたイベントでしたが、今回は「テーマに関心がある人」と、対象を広くしたので知りあいにお声がけしたり、Twitterで流してみたりと、広く周知したのでたくさんのかたに参加して頂けました。

 
ワークショップに限らず、イベントは参加者が多過ぎると全員に目が届かないので、今回のような大きさがちょうどよく、運営側もいっしょに参加することができ、「楽しいな~」と感じました。


 
このワークショップを終えて少しずつ、comoseedsの核の部分が固まってきた気がします。

 
今後もこうした、「地域での子育て」「理想の子育て環境とは?」を考えるワークショップを継続して開催していきますので、
どうぞご参加ください。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Job (月曜日, 23 7月 2012 16:30)

    Hi there! This post couldn�t be written much better! Reading through this article reminds me of my previous roommate! He always kept preaching about this. I most certainly will forward this post to him. Fairly certain he�ll have a good read. Thank you for sharing!

  • #2

    buytadalafilonline (水曜日, 07 11月 2012 04:09)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.

  • #3

    jewrino (金曜日, 07 12月 2012 06:19)

    Needed to draft you that bit of word to be able to give many thanks once again with your exceptional tricks you have shared on this site. This has been simply strangely open-handed with you to supply without restraint precisely what many of us could have offered for sale for an e-book in order to make some money for their own end, principally given that you could possibly have done it in the event you decided. Those tricks as well acted to provide a great way to fully grasp most people have a similar keenness much like my very own to see a lot more in respect of this condition. I believe there are many more enjoyable opportunities ahead for people who looked over your website.